AmaChart amazon ベストセラー ランキング 推移 本
AmaChart : amazon ベストセラー ランキング 推移 : 本
amazon ベストセラーランキングの推移を見てみましょう。
リンク先は、amazonアソシエイトです。
地域 を 選択 ▼
United States
United Kingdom
Deutschland
France
日本
Canada
Italia
España
中国
※ このページは、amazonの『本』カテゴリー内TOP10の10日間のベストセラー推移をグラフ化した、ランキングサイトです(1日ごとに更新しています)。1位から10位までを上から順番に3つずつ並べてあり、商品の順位の変化をそれぞれの色の折れ線グラフで描いています(同じ色の線を左に辿って、過去に遡って順位を見ます)。また、上記メニューより、他の主要カテゴリー別の売れ筋推移グラフも表示する事ができます。
『本』のランキングをみてみましょう。上から順番に並べてあるのが今日のランキングとなっています。昨日と比較して、全体的にそれなりに変化のない状態になっているのがわかります。今回第1位を取得したのは『ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX)』。長い間きっちりと第1位を維持しています。目を引くのが3位の『キングダム 47 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)』、しっかりランキングを上げお見事。それとは逆に不調なのが『メイドインアビス(6) (バンブーコミックス)』で、4位→4位→4位→5位→5位→4位→6位→5位→10位→8位→8位と激しくランクを落としています。順位変わらずの『進撃の巨人(23) (週刊少年マガジンコミックス)』があと一歩の第2位。順位同じの第4位は『からかい上手の高木さん(6) (ゲッサン少年サンデーコミックス)』。ランキング変動無しの5位は『anan ( アンアン ) 2017/08/23 [ 愛とSEX ]』。『blt graph. vol.22 (TOKYO NEWS MOOK 634号)』が第6位。第7位は『ファンタシースターオンライン2 ファッションカタログ2016-2017 Realization of Illusion』。『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)』が第9位。『ちはやふる(35) (BE・LOVEコミックス)』が最後第10位。次回の『本』のランキングはどういう結果になっているのでしょうか?お楽しみに。
炎竜(レッドドラゴン)を倒し、ついに妹のファリンを救出したライオス。
ホッとしたのも束の間、彼らの前に、迷宮の主・狂乱の魔術師が現れる……!
果たして、ライオス達は生きて迷宮を脱出できるのか!? 
生きて帰るまでが冒険だ! 食事もストーリーも怒涛の第5巻!
「獣の巨人」達との戦いの末、地下室に辿り着いたエレン達。そこで彼らは、グリシャの遺した本と記憶により、グリシャの生い立ちや壁内にやってきた真の目的を知る。そこから明らかになったのは、エレン達が相手にしているのは、これまで戦ってきた巨人よりもさらに巨大な「世界」そのものだという事実。壁の向こうに自由が無いこと、海の向こうには敵が待ち受けていることを知ったエレン達の行く末は……。
秦連合軍、国の興亡を懸け、趙王都圏へ。覇権の行方は!? 趙軍驚愕の秦連合軍による趙王都圏進軍。未踏の領域への進軍に立ちはだかる最初の関門は趙国門・列尾! 秦軍は突破出来るのか…!? さらに今決戦の最大の攻略標的地・ギョウをめぐる王翦と李牧の知略戦が誰もが予期せぬ方向へと進んでいく…!?
少年も大人もきゅんとする!
からかいラブコメ第6巻は
ひと夏の思い出編!

デートやプールなど
今回もどきどきシチュエーション満載!!
大穴『アビス』の底を目指し、探窟を続けるリコとレグ、そしてナナチ。壮絶な戦いの末、宿敵ボンドルド討伐に成功する――。
白笛に身を変えた“プルシュカ”を手にし、『絶界の祭壇』に到達したリコ一行。二度と帰ってはこられないという『絶界行(ラストダイブ)』の末、ついに六層に辿り着く――。しかし、そんな彼女たちの前に出現したのは、独特の価値観を持つ“成れ果て”たちの棲む村であった――。
理性と本能が入り混じる大冒険活劇、第六巻!!
★単行本カバー下イラスト収録★
★おまけイラスト収録★ ※おまけイラストは「メイドインアビス公式アンソロジー 度し難き探窟家たち」と同一の内容となっております。
“不尽の高嶺”を目指し、挑戦者たちが集う名人・クイーン戦予選。クイーン戦につながるたったひとつの道――1回戦を目前に、かつて感じたことのない不安が千早の頭をよぎる。「私は本当に、準備してきた――?」一方、太一は周防名人とともに過ごすことで、自身のかるたとの向き合い方を大きく変える。そんな太一は、予選会場で須藤に思わぬ“賭け”の提案をする。太一の真意をはかりかね、動揺する千早だったが……!?